05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

SOYOLOG.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

タダ君ヲ想ウ。 

「冥界で社長を想いながら微睡む王様」と「現世で王様を想う社長」
…という妄想を拗らせたコス写を編集してみたので追記にぺたり。
王様のはすぐイメージが決まってサクサク編集出来たんですが
社長のを「モノクロにするかカラーにするか」で悩みつつこちらを採用。
色褪せたというわけではなく王様と過ごした日々が
あまりにも鮮烈で眩しく輝く世界だった…という後付け設定もありつつ。
もう二度と触れ合う事は叶わないけども次の輪廻で出逢う瞬間まで
永遠に相手の事を想い続ける二人、というテーマです。





_DSC0119.jpg
光の中に完結した物語の中で
心残りが一片も無いのかと問われれば
是とも否とも答える事は出来ない。
その隣でずっと同じ未来を生きていたかった、その願いは
今でも心の片隅で疼いている。
それでも…出逢えて良かった、と心から想えるから。
この痛みと共に眠りにつける幸せは歩み続けた物語の中での
唯一の我儘が叶った証拠なのかもしれない。

DSC_0066.jpg
過ぎ去った過去と忘却するにはあまりにも鮮烈過ぎた光。
喪ってからも尚それは燦然と輝き続けながらこの胸を満たす。
この手を選んでくれたのなら世界の全てを敵にしてでも共に生きると
本気で告げた瞬間に見た表情を永遠に忘れる事は出来ないだろう。
突き進む未来にその姿はなくとも、この想いに終焉は無い。
何故ならば…これが最初で最後の恋なのだから。



2014/05/18 Sun. 01:48 | trackback: -- | comment: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。